痩せる筋トレは存在しない。太り続けた筋トレ生活

痩せなかった思い出

筋肉をつけたら代謝が上がって痩せる。 

さすがにちょっとつけたくらいじゃ無理だろうってのはわかってるから

体がボコボコになるくらいならどうかと試してみたけど

まったく痩せなかった。

f:id:lolioidob101:20180921191624j:plain

見ての通り筋肉は体型が変わるくらい付いてるけど、脂肪も大量についている。お腹周りが特に。手のひら一杯につかめるくらいにはブヨブヨ。。。

この時の体重は100kgのちょっと手前。

筋トレを始める前と食べる量を変えないでも体重は一向に減らないし、むしろ太っていく。(筋肉増加も相まって)

筋肉増加だけではダイエット効果がないのがわかった。

 

毎回筋肉痛になるレベルの筋トレを10ヶ月続けても痩せない

 週2回くらいのペースで、けっこうな強度でやったんだけどね・・・

それに筋トレすると筋肉を増やすことを意識するからタンパク質とか余計な栄誉とりたくなるし、体動かして糖分持ってかれるから余計に脳が糖分を欲して食べたくなる

 

有酸素運動と違ってセロトニンが分泌されないから頭がスッキリして食欲が落ち着く作用もない。

筋トレ単体に期待できるダイエット効果は毛ほど

そもそも筋トレがダイエット効果をどうして期待できるのか。そんな期待を持たせるのかというと基礎代謝への誤解が悪い。

筋トレで基礎代謝が増えるといっても筋肉が1キロ増えたところで1日に消費できるカロリーが13kcal増えるだけ。

白米1杯が150kcalなのに13kcal増えたところで話にならない。

男だって1キロ増やすのにめちゃくちゃ時間かかるし(1日に増やせる筋量は7g程度といわれている)

女の人で何キロも筋肉増やしたらゴツイ体型になる。

だからそもそもの前提がおかしい。

筋トレはダイエットを微量ではあるが、より効率的にするものであってそれ単体にダイエット効果を望めるものじゃない。

それにランニングなどの有酸素運動と違って、筋肉を重点的に高強度で酷使するものだから何時間も続けるのは精神的にも肉体的にも相当大変。

カロリー消費としても効率が悪い。

 

 

 ↓読んだらポチっと↓

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});