最短1日で筋肉痛を早く治す方法


自分がやってみてすぐに治ったオススメの方法を書いていきます

筋肉痛を早く治す方法



1、タンパク質を頻繁に摂る

常に栄養をとるという意味です
タンパク質が筋肉を成長させるのに必要なのですが、一気に大量に食べても吸収できる量は限られています、それに反して体の筋肉への栄養供給は1秒1秒どんなときも常に行われています。なので、数時間置きにタンパク質を摂取するのがオススメです。


【衝撃】筋肉をつける最高のプロテイン食品7選




2、軽い運動をする

軽い運動。例えば「ジョギング」とかがオススメです
ウォーキングでも大丈夫です。
そのままだと筋肉痛の治りも遅いですし、筋肉がつりやすくなります
でも運動すると血流がよくなって改善されます。


3、湿布を張る

筋肉痛は筋肉の炎症なので、炎症を抑える成分が入ってる湿布を張るとかなり痛みの引きは早いです


4、お風呂にゆっくり入る

お風呂で温まれば血流がよくなって早く治ります

ただ、お湯につかっても体温が上がり始めるのは時間がかかるので
少し長めに30分ほど入っていると効果的です

お湯の温度は40°以下がいいです
体温の2℃上くらいの温度だと、“ヒートショックプロテイン”という体の壊れた組織を修復してくれるタンパク質がたくさん作られます





筋肉痛があってもトレーニングしてもいいの?



筋肥大はトレーニングによって傷ついた筋肉が超回復することで起こります

なので休息が必須です

毎日筋トレして筋肉を絶え間なく酷使しつづけても筋肉は成長しません

筋肉が超回復するには24~72時間かかります


ただし、トレーニングのしかたによってはもっと時間がたっても痛みが残っていることがあります

そういう場合でも筋トレを行って大丈夫です

あまりに痛いようならやめたほうがいいですが、しっかりと72時間休息した後に残ってるのは筋肉の凝りからくる余韻のようなものなので、筋トレを始めれば気にならなくなります


ただし、筋肉痛が残っていると少し力が入りにくい感じがします(おそらく疲労回復が完璧じゃないから)

なので全力で筋トレを行いたい人はさらに十分な時間を空けて行ったほうがいいでしょう

↓読んだらポチッと↓

 

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});