脳トレは効果があるのか。頭がよくなる魔法の現実は・・・

 




脳トレをすれば頭が良くなる”

この文言は今や当たり前の常識みたいになっている

でもそれは本当なのか


もしそうであるならば才能とはなんだったのか

本当は才能なんて言葉はまやかしで、実際は積み重ねてきた脳の訓練の差がすべての脳を使う行いの結果に反映されるのだろうか・・・



だがこの文言が嘘であるなら、我々はまったく意味のない詐欺まがいのモノにお金や労力や時間を費やしているということになってしまう




アプリや本、サイトに至るまであらゆる界隈に蔓延る一大産業について考えてみたい


ツイッターYouTubeにも『これが解けたら天才』とか大量にあるね



そもそも頭の良さとは


頭がいい。

曖昧な言葉だけど

そう聞いて大多数の人が思いつくのが“学業”のことだろう

よく勉強ができる人を頭がいいと言う場合が多い

それは1つの目安としては間違ってはいない

しかしながら勉強という分野を紐解くとその構成はほとんどが“記憶力”に依存しているこがわかる

日本史・世界史。数学の公式。物理法則。英単語。

記憶だけ完璧でも高得点が取れるといって過言はない
(最低限の理解力もある前提で)


子供の遅くまでの外出を控えさせるための大人たちの嘘が口裂け女伝説を自然発生的に作らせたように

社会的に認められているからといって
勉強だけを都合よく高尚化して、できない人間を頭が悪いと思うのはむしろそっちのほうが思慮が足りないと言っていい




勉強は1つのジャンルでしかないんだから






事実、昔は雰囲気だけでテキトーに否定され続けてきたゲームだが、

最近は脳の成長にかなり効果的という研究結果が出ている





記憶力に個人差はほとんどない


日本史全然覚えられない・・・自分は頭が悪いんだ・・・(´・ω・`)

そう悩んだ経験は勉強ができない人はみんなあるだろう

でもこんなのは嘘っぱち


記憶とはだれもが平等に持ちうる能力の1つなのだから。

記憶にもいろいろ種類があるけど、今回は勉強に関する記憶について話す。

本当に記憶力がないのなら.

友達の名前や趣味、好きなアイドルのこと、ゲームの武器や特殊能力、マジ卍やwktkなどの若者言葉に至るまで何一つちゃんと覚えていられないはず

そうでなければ記憶する脳の力。つまりは“記憶力”がないとは言えない


いとまも好きな漫画を読んだ後はキャラのことや能力、セリフまでかなり高濃度に覚えれたりする

BLEACHとかブラックラグーンとかほぼ全部覚えてた

もちろん勉強は興味がゼロなのでまったく覚えなかったけど



知識量が頭の良さというのは圧倒的誤解

覚えが良い人の特徴


1、記憶するコツ(方法)を知っている
1度勉強した単語を適度に時間を空けてからもう1度やって脳に定着させやすくする
日本史など単に文章を丸暗記せずに理解して内容をとらえる
別のことと関連付けて覚える。。。など


2、覚えようとすることに興味がある
さっき言ったように覚えようとしている事柄に少しでも興味があればそれだけで記憶はスムーズにできる

それをふまえた上で頭が良いとは何か



現段階で具体的に数値化して証明できるのはIQだけです

IQとは
知識に頼らない論理的思考力や空間把握力や言語力など脳の機能を種類別にテストしその総合的な結果を数値化したもの


ただしこれにも疑問があって

IQがめちゃくちゃ高くてもなんの成功をしてない人もいます
(ただし成功者にはIQが高い人が多い)


成功にそもそも興味がないということもあり得るけど・・・



そもそもなんの成功もできない頭のよさって何?(´・ω・`)

んー・・・










いとまが考える頭が良い

というのはあらゆる未経験の事柄を乗り越える対応力だと思う


何事も経験をもとに行動するものだが、経験したことをそのまま繰り返すのはただの練度の差でしかない(暗算など)


経験を他のあらゆることに。成功に結び付けてこそ頭の良さだと思う

つまり知識を組み合わせて生かすこと


応用力や頭の柔らかさと言ってもいい





頭のよさとは何かわかったところで
本題に戻りたい



そんな

対応力・応用力つまりは頭の良さは脳トレによって進化するのか


答えは・・・しない



それを証明するこんな実験結果がある

イギリスで行われた実験で、オンラインでさまざまな脳トレーニングを6週間にわたって被験者にやってもらった。

すると慣れによって脳トレーニングの成績は向上したが、ほかの課題に反映されることはなかった



さらに任天堂スポークスマンは「任天堂は、『脳を鍛える大人のDSトレーニング』が認識能力を改善することが科学的に立証されたという主張はいかなる形においても行っていません」



あくまでも楽しむためのゲームだという主張ですね

タイトルであって効果・効能を実証するものではありません。ってやつです



だがしかし

老人が脳トレを行うと認知機能の改善が見られたらしいです


あくまでも悪くなったのを少しでも和らげたという結果ですけど



そもそも

脳トレを行っただけでグングンと頭が良くなっていったら天才だらけになるし、考えなくても根本的に不可能というのはわかる

もし脳トレで頭が良くなるとしたら、それは脳トレで培った思考を活かせるかどうか。

たとえば勉強をしなくても成功する人は成功するし

勉強をしたからといってそれが勉強以外で役に立てられるかは本人次第

もちろんスポーツでもボードゲームやテレビゲームでもペン回しでも筋トレでも同じこと。


違う分野に生かせない人もいれば

あらゆることに応用して活用できる人もいる



もし今までの自分にはない新しい考えに出会った時は、それからの物事の見方を少し変えて見てはどうだろう

そうすれば天才にはなれずとも違った考えに気づけるかもしれない







ちなみに

脳の成長は25歳で止まる

こういう観点からみても、大人になってトレーニングしたところで脳の著しい進化は望めないと言えるだろう

さらに言えば前頭葉以外の成長は18歳で止まる


ただし記憶をつかさどる海馬や経験を積むことで得られる推理力だったりは25歳をすぎても伸びるといわれている



さらにさらに

よく頭が活性化するといって脳の動きを映像化する装置をつかって活性化してる部分が赤くなる画像なんかを見かけるけど、

そんなの当たり前です

本を読めば本を読むのに必要な脳の部位が活性化するし運動をすれば体を動かす脳の部位が活性化するもの


それが頭の良さに繋がるという錯覚を起こさないように気を付けたほうがいい

 ↓読んだらポチっと↓

 

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});