歯周病は早死にを招く

f:id:lolioidob101:20190111190843p:plain

歯周病とは

歯周病とは歯と歯茎の間の溝の清掃が行き届かないところに汚れがたまり、そこから細菌が繁殖して歯肉の辺縁が炎症を起こししまい、赤くなったりはれ上がってしまう炎症性疾患をいいます。

そして進行すると歯肉ポケットといわれる歯と歯茎の溝が深くなり、歯を支える歯茎そのものが弱くなって、歯がぐらぐらと動くほど土台がもろくなって、最後は歯を抜かなければいけなくなります。

 

 

いずれは全身を蝕む

歯周病歯槽膿漏)は日本人の約8割が感染しているといわれています。

歯茎からの出血、口臭など不快なことだけで済むと思ったら大間違い。

放置しすぎると血管を通して全身に周り、脳梗塞狭心症心筋梗塞の原因になる。

さらにメタボリックシンドロームにも関与しているといわれています。

一説によると歯周病の病巣から放出されるLPS(歯周病菌由来の毒素)TNFαは脂肪組織や肝臓のインスリン抵抗性を増加させ、血糖値を上昇させ、肥満を招きます。

歯周病は菌が原因です。

殺菌しつくさない限り永遠になくなりません。

単純な歯の汚れを落とすだけの歯磨き粉では、歯周病には効かないので、それ専用の歯磨き粉を買うことをオススメします。

早死にしたくなければ。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});